2012年01月08日

マイクリエイション物語 -Slaughter Joe-

かつて伝説のバンド、Television Personalitiesがいました。
そのバンドから影響を受けて、クリエイションを始めたのがアラン・マッギー。
その彼の右腕ともいえる存在がジョー・フォスターでした。
彼は前述のTelevision Personalitiesのメンバーであり、
Jesus And Mary Chainの「Up Side Down」をプロデュースするなど
レーベルの中でも大きな役割を果たしています。

もちろん、彼もクリエイションに携わりながらも音楽活動は続けていました。
それはもうJesus And Mary Chainを思わせるような暴力的なフィードバックと
ルーリードのような退廃的なボーカルはクリエイション出身バンドのルーツを垣間見せます。
「ZE DO CAIXAO: VERY BEST OF」から「I'll Follow You Down」


現在、彼は再発を手がけるレーベルREV-OLAを設立。
ここからまた時代に埋もれた良質なバンドを世に送り出しています。
posted by ask at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。