2012年03月18日

マイクリエイション物語 -House Of Love-

一般的に「80年代のUKロックは不毛だった」なんて言われることもしばしばありますが
そんな中救世主の如く現れたのがThe Smithsと言ってもいいでしょう。
そんなThe Smithsに続くスター候補と騒がれたバンドがクリエイションにもいたのです。
その名はHouse Of Love。クリエイション起死回生を図る重要なバンドです。
彼等のクリエイションからリリースした1stは10万枚を超えるヒットを記録。
その後すぐにメジャー進出。いくつか作品を出した後に解散、そして現在再結成しています。
クリエイションからリリースされた「House Of Love」から「Christine」。

続いてクリエイションからリリースされ、メジャー盤ではニューバージョンが収録された
彼等の代表曲である「Shine On」。


急に成功を収めてしまった彼等、特に中心人物のガイ・チャドウィックは
そのせいもあってか当時かなりの変人扱いをされていたそうです。
posted by ask at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

マイクリエイション物語 -The Pastels-

下手ウマという言葉は定義するのが難しいと思います。
古くいえばLed ZeppelinのJimmy Pageもそう言われてたそうですし
90年代のオルタナブームでもそういう傾向にありました。
その中でもローファイサウンドで有名なPavementのスティーブンが
「The Pastelsを見て自分はこれでいいと思った」というような発言をしています。
今回紹介するのはスティーヴン・パステルが率いるThe Pastels。
彼らは下手ウマのウマの部分がなかなか見られないのですが(笑)
前述のように音楽を志すきっかけを与えてる点では素晴らしいですね。

今回紹介するのはクリエイションからリリースされたコンピレーション、
「SUCK ON THE PASTELS」の中から「Baby Honey」。


彼らは今もなお恐ろしくマイペースに活動を続けています。
中でもMy Bloody ValentineのKEvinやスーパーカーのナカコーが
彼等の曲をリミックスしてる音源もあるので
興味のある方はぜひぜひ探してみてください。
posted by ask at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。