2011年12月25日

マイクリエイション物語 -Teenage Fanclub-

1991年、クリエイションにとってこの年は飛躍の年になりました。
後にも多く語り継がれる名盤が3枚も誕生したのです。
その中の一枚がTeenage Fanclubの「Bandwagonesque」です。

グラスゴー出身の彼等はTeenage Fanclub前にも様々なバンドに所属し
(土地柄みんな家族的な感じ)
良質なギターポップを変わらず鳴らし続けていました。
そんな中、グランジロックが訪れ、彼等はうまく流れに乗ることに成功。
荒いディストーションギターと綺麗なハーモニーは多くの人に支持されました。
その中でも最もポップな「What You Do To Me」

次作「Thirteen」から「Hang On」


この2作でオルタナファンにもギターポップファンにも
大きく名前が広まり、日本でも多くのフォロワーを生みました。
その後も数枚のアルバムを残し、現在もマイペースに活動を続けています。
そこでもう一枚オススメしたいのが「Songs From Northern Britain」です。
その前作「Grand Prix」でディストーションギターから脱却した彼等は
純粋に楽曲の持つ本来の良さを追求していきます。
今作は特徴的なハーモニーはそのままに、とってもメロウでハッピーな内容。
ここまでいくとギターポップというよりソフトロックかもしれません。
まるでバーズのような「Ain't That Enough」


彼等からギターポップフリークになった人も多いんじゃないでしょうか。
素朴だけど、何とも言えない魅力を感じます。
posted by ask at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。