2011年12月11日

マイクリエイション物語 -Adorable-

良曲をリリースするも小ヒットに留まり
すぐに忘れられてしまうことなんてよくあること。
個人的にはもっと彼等にスポットライトを当ててもいいと思うのですが、
今回紹介するのは「第二のエコバニ」とまで評されたAdorable。
耽美的なネオサイケな部分なんかまさにその通り。
どことなくナルシズムがあるところも似ていますね。
シューゲイザーの中でも忘れられがちですが
まずタイトルがキャッチーでいいですね。
1stシングルの「Sunshine Smile」


彼等は正当な評価が得られずアルバム2枚で解散。
ちなみに同時代で同列に語られていたのがSUEDE。
ちょっと時代に遅れをとってしまったのか
悲運な運命を辿ることになってしまいました。
posted by ask at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

僕はコレクター「THE CHEWINGGUM WEEKEND」

第3回目です!よろしくお願いします。
今日紹介するのは「THE CHEWINGGUM WEEKEND」の
「Killing PoP」です。

2011120421280000.jpg

このバンドを知っている人は少ないかもしれません。
わかりやすく説明するとThe PillowsでBaをサポートしている
鈴木淳さんがやっていたバンドです。

僕がこのバンドをすごいと思うところは
ギター1本で弾き語りできる曲をオルタナな感じに昇華してしまうところ。
アイディアも豊富で聴いていて楽しいです。

1stアルバムは渋谷系流れのキラキラした感じでしたが、
この2stアルバムからソニックユースやペイブメントなどの
インディーロックの音に大接近。
ポップでインディーなバンドは評価されにくいですが、
90年代日本の名盤を選出するなら確実に入るアルバムでしょう。


The Pillows関連でヤフオクなどでもプレミア価格で取引されるアルバムですが、
僕はブックオフの500円コーナーで未開封で発見。
欲しいと思ったらいつか手に入るものですね。

そして藤原の自慢はつづく、つづく。
次回またお会いしましょう!
posted by ask at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

マイクリエイション物語 -Jesus And Mary Chain-

クリエイションを語る上で絶対に外せないバンドというものが
やはりいくつかいるものなんですが、
Jesus And Mary Chainもその中の重要なバンドのひとつ。
では早速クリエイションからリリースした「UP SIDE DOWN」

クリエイションでの初のヒットシングルということで
映画のタイトルに引用されたりしていますね。

その界隈では有名な「Sex Pistols以来の衝撃」といったコピーや
ライブでの暴動などスキャンダラスな面が取り上げられることも多かったのですが、
やはり暴力的なノイズとポップなメロディの組み合わせは革新的だったと思います。
かのフィルスペクターを思わせるような音の壁は
後にシューゲイザーと呼ばれるようになり、多くのフォロワーを生みました。
その後、メジャーに行った彼等は「Psychocandy」をリリース。
シューゲイザーを語る上では絶対外せない名盤を生み出しました。

メジャーに行って大きなヒットこそないものの、
ノイズを封印して楽曲本来の良さをアピールしたり
当時流行のダンスビートを導入するなど、
多大なる影響力を保ち続けてきた彼等の解散前の作品が「MUNKI」。
十数年ぶりにクリエイションからリリースということで話題になりました。
その中の楽曲で「I HATE ROCK N' ROLL」

そして「I LOVE ROCK N' ROLL」


活動中から絶えなかった兄弟ゲンカで解散してしまいましたが、
数年前に見事再結成!早く彼等の新作が聴きたいものです。

posted by ask at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。